Sinafu DECO

“しなふ入子椀”

和のアールデコによるおもてなし


“Sinafu” is an archaic word, meaning “elegantly hanging.” The shapes of SINAFU’s bowls and dishes were designed to reflect the traditional shapes and spirit of hospitality of Yamanaka Hot Spring, which has been welcoming visitors and passing on the techniques of Japan in the 700s. SINAFU does not only express warm hospitality with beautiful arrangements on bowls and dishes, but also literally makes your hands’ movements look more graceful.

Material:Zelkova serrata|Size:
      

「しなふ」とはしなやかに曲がる・しなやかに垂れるを意味し、この木器の外側の形状を表しています。豊臣秀吉が建てた聚楽第の一部と言われている国宝の京都・西本願寺・飛雲閣一層目の上段の間の障子、約400年前に築城された世界遺産・二条城の擬宝珠のアウトラインを抽出し再解釈。和を感じられるデコラティブな線形を大中小の入子椀に落とし込みました。時代を超えて守り続けている和の佇まいを日常に添える木器です。1200年以上前から当時客を招き、高度なろくろ挽きの技術を受け継いできた山中のおもてなしの心を産地の技法と素材の特徴を活かし具現化しました。

素材/ケヤキ、

 

Cliant GATO MIKIO


©kenichirooomori copyright reserved.