SINAFU

しなふ

The concept of a wooden bowl is to add a touch of elegance to mealtimes, giving hands and fingers a feeling of luxury when they touch the bowl. And you can carry the bowl to the table while keeping the vessel level by applying a finger into the dent on the back. These bowls are the expression of the hospitality that uses locality-specific techniques and materials. Craftsmen in Yamanaka Onsen have inherited highly advanced techniques to apply to their wood-woring processes: the Onsen hot spring has been drawing in visitors for more than 1,200 years.

material/Aesculus turbinata,Urethane
Soup bowl/ φ110*73mm / small/φ140*51mm / middle/φ180*50mm / waide/φ273*51mm / tall/φ140*130mm /

この木器のコンセプトは盛りつけられた料理と器を扱う人の手指をより美しく魅せることで食事の時間をより上質にすることです。1200年以上前から湯治客を招き、高度なろくろ挽きの技術を受け継いできた山中のおもてなしの心を産地の技法と素材の特徴を活かし表現しました。「しなふ」とはしなやかに曲がる・しなやかに垂れるの意味で、この木器の外側の形状を表しています。この外側の曲面に指を掛けることにより手や腕への負担を軽減され持ちやすく、器を水平に保ちつつ置くことが可能です。そのため器を扱う手指は美しく、盛りつけられた料理を崩すことなくテーブルへと運ぶことが出来ます。この曲面は器の大きさや用途によって全て異なり、様々な大きさの手にも合う様にもなっています。

素材/栃、ウレタン
汁椀/ φ110*73mm / 小鉢/φ140*51mm / 中鉢/φ180*50mm / 大鉢/φ273*51mm / 背高鉢/φ140*130mm /

Prize Deisgn Plus 2015

Prize GERMAN DESIGN AWARD 2016 nominee

Brand GATO MIKIO

BACK

Check Out Back Slider Images.

©kenichirooomori copyright reserved.